ビストロサブリエ:サブリエについて

ビストロ サブリエ

「ビストロ サブリエ」の料理は, 誰もが分かりやすい料理をどのように調理して美味しくするのかを工夫し、オリジナリティあるビストロ料理として提供します。例えばそ れは、良い素材を使いシンプルに厳選された塩だけで食べさせたり、新しい奇抜な料理ではなく、素材の味を生かしつつもフレンチの技法を生かしたソースの組 み合わせやフルーツとのマリアージュ(系列店がフルーツ専門店なので旬のフルーツを生かしたメニューを考案したり)などです。特に肉料理は、オリジナリ ティあるビストロ料理としてお薦めです。

手を加えて一つの皿を完成させるのがフランス料理の醍醐味。だからと言って複雑ではなく、素直に「美味しい」「また食べたい」と思える、さらに訪れる度に「おいしさの発見」もある、そんなビストロ料理を楽しんでいただきたいと思っています。

シェフ:今野登茂彦

IMANO

1972年東京生まれ。
青山の「ラ・クロワゼット」、渋谷の「エブ リーヌ」等を経て渡仏。2年間の滞在中プロヴァンス、ブルゴーニュ等の地方のレストランで中心に働き、パリを最後に帰国。
帰国後、銀座の「レカン」を経て 2000年に独立、サブリエシェフに就任し、「KITCHEN & WINE SABLIER」をオープンする。2008年「BISTRO SABLIER」としてリニューアルオープン。

8.jpg